年齢別アトピーの症状(赤ちゃん・子供・大人)

この記事は2分で読めます

doctor2

年齢別アトピーの症状(赤ちゃん・子供・大人)アトピー性皮膚炎は、年齢によって原因が異なるのと同じように、
その症状も年齢によって異なる傾向にあります。
赤ちゃん(乳児)・子供(幼児)・大人(成人)と年齢が上がるに連れて、
アトピーの症状も次第に変化して行くのです。

 

それでは、それぞれの年齢でどのような症状が現れるのか、見て行きましょう。

赤ちゃん(乳児期)のアトピーの症状
子供(幼児期・学童期)のアトピーの症状
大人(思春期・成人)のアトピーの症状

 

赤ちゃん(乳児期)のアトピーの症状

赤ちゃん(乳児)のアトピーの症状は、
顔や頭、耳の付け根などに出ることが多いようです。

赤くて小さなブツブツとした湿疹が顔や頭を中心に現れ、
次第にジュクジュクしたり、黄色っぽいかさぶたのようにカサカサして来ます。

この部分は痒みを伴うので、赤ちゃんが掻きむしってしまい、
ジュクジュクとカサカサの繰り返しとなります。

 

ただ、赤ちゃん(乳児期)のこの症状は、乳児湿疹と大変よく似ているため、
アトピー性皮膚炎との区別が付きません。
ほとんどの場合は乳児湿疹であることが多く、1,2歳頃には治ってしまうので、
乳児期のこのような症状はあまり神経質にならなくても良さそうですよ。

 

赤ちゃんのアトピーについては、こちら↓の記事も参考にして下さいね。

赤ちゃんや子供のアトピーの症状はいつから?
赤ちゃん(乳児)のアトピーの原因

 

 

子供(幼児期・学童期)のアトピーの症状

 

子供(幼児期)まで症状が続くと、いよいよアトピー性皮膚炎の症状がはっきりと出てくるようです。
赤ちゃん(乳児期)の頃は頭や顔を中心に症状が出ていましたが、
幼児期になると次第に体や下肢にその症状が広がって行きます。

特に、腕や足の関節の内側(膝の裏や肘の内側など)を中心に症状が現れ、
お腹や背中にも広がります。
その症状は、ジクジクした湿った症状から、ガサガサと皮膚全体の乾燥が目立つようになります。
また乳児期と同様に痒みが伴うので、掻きむしることでやはり切れてかさぶたが出来たり、
ジクジクすることもあります。

大概の子は、小学校の高学年頃までに改善することが多いようです。

 

子供のアトピーについては、こちら↓の記事も参考にして下さいね。

赤ちゃんや子供のアトピーの症状はいつから?
子供のアトピーの原因

 

大人(思春期・成人)のアトピーの症状

 

思春期以降になると、更に乾燥が進んで行きひどい痒みを伴います。
その症状は、主に上半身を中心に広がり、重症化・慢性化して来ると、
次第に皮膚が赤くなったり分厚くザラザラすることもあります。

やはり、乳児期・幼児期同様に激しい痒みを伴うため、 掻くことによって炎症が悪化し、
組織液が出てくることもあります。

 

私は成人してアトピーが再発したのですが、
やはり顔を中心に、背中や腕など上半身に症状が現れました。
最初は頬の辺りが赤くなり、痒みが伴い次第にガサガサと肌が一段硬くなりました。
ひどく痒いので、掻いたら悪化すると思いつつも、我慢できずに刺激を与えてしまい、
そこから膿のようなものが出てくることもありました。

年頃だったし、顔ということもあり周囲の目も気になりましたし、
とにかく毎日痒くて仕方なかったので、かなりのストレスだったのを覚えています。

 

このように大人になって再発したり、これまでアトピーの症状が全くなかったのに、
突然症状が現れるという人も少なくないようです。

私は数年後に自然に治癒しましたが、今もかなり敏感肌なのでいつ再発するかもわかりません。

乳児期や幼児期のアトピーよりも、大人のアトピーは重症化して合併症を引き起こすこともあり、
治りにくいとも言われています。

 

大人のアトピーについては、こちら↓の記事も参考にして下さいね。

大人のアトピーの原因

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク