子供のアトピーの原因

この記事は1分で読めます

genin02

子供のアトピーの原因赤ちゃん(乳児)のアトピーの原因でもお話した通り、

生後間もなくして現れる湿疹はまだアトピーであるかの判断はつきませんが、

2〜3歳を過ぎてもカサカサ、ジュクジュクした湿疹が改善されない場合は、

アトピー性皮膚炎を疑った方が良さそうです。

それでは、子供のアトピーの原因は何でしょうか。

子供のアトピーには様々な原因が考えられますが、

最も多いと言われているのが、食べ物によるアレルギーです。

まだ消化器官の機能が未発達の幼児では、

アレルギーの元となる物質が十分に消化されずに体内へと吸収されていきます。

そのため、大人に比べると子供は食べ物によるアレルギーが引き金となって、

アトピーを引き起こすことが多いと言われています。

食べ物のアレルギーと言えば卵(特に卵白)や牛乳、大豆などが代表的ですよね。

ただし、アトピー=アレルギーという訳ではないので、

例えば卵アレルギーだから卵を食べなければアトピーは治るというような、

単純なものではなさそうです。

また逆に、食べ物のアレルギーがある子が、必ずアトピーになるという

訳でもありません。

ですので、食べ物のアレルギーがアトピーの原因の一部である可能性がある

くらいに考えた方が良さそうですね。

アレを食べるとアトピーがひどくなるな、と心当たりがあるような食べ物は、

しばらく控えてみるなどすると良いかもしれません。

ただ、あまり神経質になって、食べ物を選んでしまうのはかえってよくありません。

お母さんも子供もストレスになるだけですから。

「これが原因です!」と言えないのがアトピーです。

少し肩の力を抜いて、アトピーと向き合うのが良さそうですね。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク