赤ちゃん(乳児)のアトピーの原因

この記事は1分で読めます

illust181_thumb

赤ちゃん(乳児)のアトピーの原因生後1ヶ月頃から、顔に赤いポツポツした湿疹ができたり、

カサカサやジュクジュクした症状が現れることがあります。

私の娘も、甥っ子や姪っ子もそうでした。

娘の時は、私がアトピー体質だったこともあって、

「あぁ、この子にもアトピー出ちゃったか・・・」

と思い、すぐに病院で診察してもらったのですが、

乳児湿疹であると言われ、非ステロイドの保湿剤を処方されました。

結局、この時は数ヶ月で治ってしまったので、アトピーではなかったようです。

赤ちゃんはまだ皮膚のバリア機能が弱いため、

乾燥などによりカサカサしたり、ジュクジュクしてしまうことがあります。

娘もそうでしたが、こうした症状はだいたい1歳くらいまでには改善されるので、

生後間もない段階では、アトピーとの区別が付きにくいようです。

また、アトピー性皮膚炎とは?アトピーって何?

でも説明しましたが、

アトピーは「奇妙な」病気で、未だ解明されていない部分も多いため、

医師によっても見解が違うようです。

乳児湿疹は多くの赤ちゃんが通る道ですので、

症状が現れたからと言って、「アトピーかも!?」と焦る必要はなさそうですね。

ただ、湿疹が現れた際は、母乳には気をつけた方が良さそうです。

質の悪い母乳が赤ちゃんのアトピーの原因となることが多いからです。

母乳の質は、お母さんの食事の影響を大きく受けます。

油っぽいものやお肉、生クリームやチョコレートなどは極力控えて、

質の良い母乳を赤ちゃんに飲ませてあげたいですね。

また、アトピーは食物アレルギーが原因であることが多いため、

例えば卵や牛乳などにも気をつけた方が良さそうです。

しかし、あまり神経質になるとお母さんがストレスでしんどくなってしまいますので、

赤ちゃんの様子を見ながら、適度にセーブするのが良さそうですね。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク