まぶたのかゆみに効くスキンケア方法や保湿方法は?メイクはNG?

この記事は2分で読めます

nurse

まぶたのかゆみに効くスキンケア方法や保湿方法は?メイクはNG?まぶたがかゆくなったり、赤く腫れぼったくなると、顔の印象も暗くなってしまいますよね。

まぶたにかゆみが出る原因は、いろいろあります。
今回は、まぶたのかゆみに効くスキンケア方法や保湿方法、メイクについてお伝えします。

まぶたのかゆみに効くスキンケア方法

まぶたにかゆみが出る原因には、次のようなものがあります。

  • 皮膚が薄い
  • 瞬きによる刺激
  • 花粉症による皮膚の荒れ
  • アイメイクによる刺激
  • メイクを落とすクレンジングによる刺激

まぶたのかゆみは、乾燥や擦った時の刺激によって起こります。
アイメイクを簡単に落とそうとして、強いクレンジング剤を使うと、皮膚の刺激が強く乾燥しやすくなります。
アイメイクのためにブラシやチップでこすることも、刺激になります。
花粉症の場合も含めて、まぶたのかゆみに効くスキンケアは、保湿ということになるでしょう。

まぶたのかゆみに効果的な保湿方法

さて、まぶたのかゆみに効果的な保湿方法とは、どのようなものでしょう。

1. コットンパックをする
普段は化粧水でパックをすると思いますが、まぶたにかゆみがある場合は乳液でパックします。
ただし、しみる場合にはやめたほうが安全です。

2. ワセリンを塗る
ワセリンには、高い保湿力があります。
ただし、ワセリンはフタをする役割なので、あらかじめ化粧水などで皮膚を保湿しておく必要があります。
塗るときには、手に取り体温で温めて柔らかくしてから、うすく塗りましょう。
こすらずに、指でポンポンと軽くおさえるように塗るとよいでしょう。

3. 洗顔やクレンジングでこすらない
メイクをしていない時には、クレンジングは必要ありません。
乾燥が強くまぶたがかゆい時には、石鹸を使わずにお湯で流すだけにしましょう。

4. 部屋の加湿
空気が乾燥している時期は、加湿器を利用しましょう。

まぶたの痒みやカサカサがなかなか治らない人は、本来お肌が持っている保湿力が低下しているのかも。そんな人は、お肌の保湿力を高める「みんなの肌潤糖」がオススメです。

まぶたのかゆみにメイクはNG?

まぶたにかゆみがある時には、メイクはひかえるほうが安全です。
やむを得ない場合は、使い慣れた化粧品を使いましょう。
新しいものは、含まれる色素や金属にアレルギーを起こす可能性があるためです。

花粉症の場合には、薄くメイクをしたほうがよいでしょう。
素肌に花粉が付くことを防げるからです。
仕上げには、フェイスパウダーやパウダーファンデーションを使いましょう。

まぶたのかゆみに効果的なスキンケアまとめ

まぶたは皮膚が薄く、乾燥しやすい部位です。
まぶたにかゆみがある時には、刺激を抑えて保湿するスキンケアが有効です。
かゆみが強い場合には、ステロイド入りの軟膏を使うことも検討しましょう。
ステロイド入りの軟膏を使う際には、「極少量」を「かゆみが強い時だけ」塗るのがポイントです。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク