ヨーグルトでアトピーが改善!?それとも悪化!?

この記事は2分で読めます

food_yogurt

ヨーグルトでアトピーが改善!?それとも悪化!?ヨーグルトはアトピーを改善する効果があるので、
アトピーの人は毎日ヨーグルトを食べると良いということをたまに耳にします。
その一方で、ヨーグルトはアトピーを悪化させるので、アトピーの人は食べてはいけない
ということも聞いたことがあります。

一体どっちなんだ!?って思っちゃいますよね。。。

ヨーグルトを毎日食べ続けていたらアトピーが改善されました!
という人もいれば、
ヨーグルトを食べたらアトピーが悪化してしまった!
という人もいる訳です。

恐らくどっちが正しいという訳ではなく、
人によって改善する人、悪化する人と全く真逆の結果になるということ
なのかと思います。

そして、ヨーグルトを食べてアトピーが改善するということ、
逆にヨーグルトを食べてアトピーが悪化するということ、
それぞれにはちゃんと根拠があるんです。

その根拠を見極めて、自分自身(あるいはご自身のお子様)は
アトピーが改善するのか、悪化させるのかどちらであるかを
見極める必要があるということです。

では、その改善、悪化それぞれの根拠について見て行きたいと思います。

 

ヨーグルトでアトピーが改善すると言われている根拠は?

ヨーグルトでアトピーが改善すると言われている根拠として代表的な効果は、
ヨーグルトは腸内環境を整える働きがあると言われていることです。

アトピーを改善する食べ物でも触れましたが、
アトピー改善の第一歩として、腸内環境を正常な状態にしてあげることが挙げられます。
腸内環境の悪化は万病の元ですので、そこをしっかり整えてあげることで、
免疫力も高まり、アトピーに打ち勝つからだになるという訳なんですね。
そのために、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がひと役かってくれるということなんです。

 

ヨーグルトでアトピーが悪化すると言われている根拠は?

ヨーグルト毎日食べ続けたら、腸内環境が整うどころか、逆に便秘になった!
なんていう人も多数いるようです。
乳酸菌というのは、実に様々な種類が存在し、
ヨーグルトによって含まれている乳酸菌の種類が異なります
なので、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、その人によって合う/合わないがあるようです。

また、乳酸菌の中には、ビオチンを食べてしまうものもあるようです。
ビオチンには炎症を抑える効果がありますが、
アトピー性皮膚炎の人はこのビオチンが欠乏していることが知られています。
タダでさえ欠乏しているのに、乳酸菌がビオチンを食べてしまうとなると、
ビオチン不足が加速し、アトピーを更に悪化させてしまうという訳です。

結局のところ、自分に合った乳酸菌が含まれるヨーグルトを食べ続けた人は
アトピーの改善効果を実感でき、逆に自分には合わない乳酸菌が含まれるヨーグルトを
食べ続けた人は、アトピーが悪化してしまったということになりますね。

ヨーグルトを食べてアトピーを改善するためには、自分に合った乳酸菌が含まれる
ヨーグルトを見つけ出す必要がありそうですが、
それは実際に多くの種類のヨーグルトを食べてみないとわからないので、
時間もかかるし骨の折れることのように思えます。

腸内環境を整えるということであれば、酵素ドリンクがおススメですよ!
酵素ドリンクには腸内環境の改善のみならず、冷え性改善やデトックス効果もあり、
体の中から体質改善をすることで、アトピーを克服するための力を身につけてくれます。

酵素ドリンクについては、酵素ドリンクでアトピーが改善!オススメ酵素ドリンクは?
もう少し詳しく説明しているので、そちらも参照してみて下さいね。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク