背中の痒みの原因と対処法

この記事は3分で読めます

senaka

背中の痒みの原因と対処法冬場になると、背中が痒くて眠れないということ、ありませんか?
背中は簡単に手が届く場所ではないので、
なかなか痒い所に手が届かず、イライラすることもあるかと思います。
私も特に体が硬いので、背中が痒い時はかなりツライ思いをしますね(^^;

まだ家にいるときは誰かに頼んだり、
それこそ孫の手でも使えばいいんですが、
(肌が傷つくのであまりおススメできませんが)
会社にいる時や外出先などでは、痒くても掻けない辛さがあります。

 

背中の痒みの原因は乾燥

やはり、背中の痒みは乾燥が原因であることが最も多いケースです。
実は背中は皮脂腺が少ないんです。
つまり、背中は乾燥しやすく、乾燥肌になりやすいということが言えます。
特に冬の空気が乾燥している時期は、顔や手などが乾燥するのと同じく、
背中も乾燥しカサカサ痒みを伴います。

いやいや、冬だけでなくジメジメした夏でも背中が痒いぞ。

って人、いますよね。
うちの娘も、冬はもちろんですが夏の間も背中が痒いと言っていました。

これも実は「乾燥」が原因なんです。
夏に肌が乾燥する原因、それは「」です。
夏は大量に汗をかきますよね。
特に背中は、気付くと汗だくになってたりしませんか?
その汗が蒸発する時に、皮膚の必要な水分まで奪ってしまい、
肌が乾燥しカイカイの原因になるという訳です。

そしてもう一つ。
背中の乾燥の原因として挙げられるのが、
シャンプーやボディーソープなどの洗い残しです。
これ、案外当てはまる人多いかと思います。

背中は目も手も届かない場所なので、
きちんと洗い流したつもりでも、シャンプーやボディーソープが
付着したままなんてこと、良くあるんです。
これが背中の乾燥、そして痒みの原因となってしまうんです。

 

背中の痒みの対処法

多くの場合、原因は「乾燥」であるということは、
背中の乾燥を回避することが痒みを抑える最善の対処方法と言えます。

顔の保湿は気にしても、背中の保湿ってあまり気にしませんよね。
一番意識して欲しいのが、次の入浴方法です。

 

1. 強く擦らない

体を洗う時、痒いからと言って硬いナイロンのタオルで
ゴシゴシと強く擦ったりしてませんか?
これは肌を傷つけるだけでなく、お肌に必要な水分や脂も洗い流してしまうので、
乾燥や痒みを更に悪化させてしまいます。

 

2. 肌に優しいボディーソープを使用する

それと使用しているボディーソープ。
市販されているボディーソープの殆どには、
洗浄力が強い合成界面活性剤が使用されています。
肌への刺激も強いので、乾燥している時の使用は避けた方が無難です。
合成界面活性剤については、アトピー向け正しいシャンプーの選び方
でも説明してるので、参考にしてみて下さいね。
シャンプーについて書いてありますが、
ボディーソープについても同じことが言えます。

 

3. しっかり洗い流す

背中の痒みの原因のところでも、石鹸カスが原因で背中が乾燥すると書きました。
特にシャンプーやトリートメントは、
頭はしっかり洗い流していても、背中はあまり意識していないかと思います。
できれば、先にシャンプーとリンスを済ませた後で、
最後に体を洗うと良いでしょう。
もちろん、体をボディーソープや石鹸で洗った後も、
十分に設計成分を洗い流して下さいね。

 

4. ぬるま湯で洗う

お風呂の後に痒みが増すという人が殆どかと思います。
それは、入浴によって体が温まるためです。
ついつい、痒みを和らげようと、
痒い部分に熱いお湯をかけてしまうことがありますが、
これも厳禁ですよ。
湯船も同じく、ぬるま湯に設定し、
あまり長時間入らないようにしましょう。

 

5. 上がった後はすぐにタオルで水分を取り除く

お風呂上がりは、まずすぐにタオルで水分を取り除いて下さい。
濡れたまま放置すると、水分が蒸発する時にお肌に必要な
潤いも奪われてしまうためです。
そして、タオルで拭く時は、優しく押し当てるようにしましょう。

 

背中の保湿の方法は?

背中は自分では保湿クリームを塗ることができません。
よっぽど体が柔らかい人は別ですが(^^;

そこでおススメなのが、保湿成分の含まれている入浴剤です。
これなら背中だけではなく、全身保湿できるので便利ですよね。

 

それともう一つおススメなのが、他の記事でもチョイチョイ紹介してますが、
みんなの肌潤糖という保湿ケア製品です。

ビート糖を主成分としていて全身の乾燥ケアに使える保湿製品です。
特殊な砂糖スクラブなんですが、これに水を加えてペースト状にしてから、
柔らかいタオルに含ませて、背中を洗う要領で優しく背中をなでるようにして
なじませるんです。
そしてしばらく置いてから軽く洗い流すだけ。
お子さんの場合は、ペースト状にしたものを、
乾燥している場所に優しく塗ってあげればOK。
うちの娘もこのみんなの肌潤糖を使用するようになってしばらくしたら、
背中が痒がらなくなりました。

天然由来成分でできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使える製品です。
気になる人は、是非公式サイトをチェックしてみて下さいね!

こちらのレビュー記事もご参考に♪=>娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法

 

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク