アトピー向け正しいシャンプーの選び方

この記事は2分で読めます

shampoo

アトピー向け正しいシャンプーの選び方頭皮にはアトピーの症状が見られないから大丈夫。
と考え、市販の安いシャンプーを使ってませんか?

>>【注目!】敏感な頭皮には、低刺激シャンプーがおすすめ

確かにシャンプーは頭皮と髪の毛を洗うものですが、
多くの人は洗い流す時に顔はもちろん、体中に付着するので、
実は顔や体にも影響を与えるんですよ。

 

となると、やっぱりアトピーの人はシャンプーもきちんと選んで使わないといけない訳ですが、
一体どんな基準でシャンプーを選んだら良いのか、気になるところです。
最近TVCMで盛んに宣伝している「ノンシリコンシャンプー」とか、
弱酸性シャンプー」とかなら安心かな?
と、思いちょっと普通のシャンプーよりも高いけど「ノンシリコン」の
パッケージもオサレなシャンプーを選んで使ってました。

 

でもでも、これ間違ってたんです!

 

シャンプー選びで最も注目しなくてはならないのは、
どんな「界面活性剤」が使用されているかだったのです。

 

アトピーを悪化あせない洗濯洗剤の選び方でも、
合成界面活性剤について触れましたが、
シャンプーにもこの合成界面活性剤が使用されているのです。

特にアトピーや乾燥肌・敏感肌の人にとって、
シャンプーに含まれる界面活性剤の種類によっては、お肌に強い刺激を与え、
アトピー悪化の原因となることもあるんです。

ポイントは、どんな種類の界面活性剤が使用されているかです。
界面活性剤にも色々な種類があって、お肌に刺激が強く毒性のあるものも
使用されてるんです。

 

では、それらをどうやって見分けるかですが、
シャンプーの成分表記の所に注目してみて下さい。
まず最初に水と書かれているかと思います。
この表記は、含まれる量が多い順に記載されているので、
シャンプーの主成分は水であることがわかります。
そして、その水の次あたりに書かれている成分、これが界面活性剤です。

 

大概ドラッグストアーなどで市販されている有名メーカーのシャンプーには、
ラウレス硫酸Naもしくは、ラウリル硫酸Naと書かれているハズです。
この2つは泡立ちや洗浄成分が高く、価格も安価なので、
いわゆる普通の市販のシャンプーにはこの2つのどちらかが使用されていますが、
実はとても刺激が強い合成界面活性剤なんです。
皮脂を強力に吸着して洗い流すので、
乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人にはオススメできません。

美容師さんが市販のシャンプーは使っちゃダメというのは、そのためなんですね。
今すぐご自宅のシャンプーをチェックしてみて下さい。

 

最近良く見かける、ちょっとお値段が高めのシャンプーの場合、
この2つの合成界面活性剤が含まれていないものもあります。
まずシャンプーを購入する時は、成分表示のところをチェックして、
どんな界面活性剤が使用されているのか確認しましょう。

 

最近はその場でスマホ検索できちゃうので、使われている界面活性剤が
安全なものなのかどうか、買う前にその場で確認できますよね。
私もシャンプー、ボディーソープなど購入する時は、
しっかりチェックする習慣が身に付きましたよ。

毎日使うシャンプーなので、きちんと成分を調べて低刺激のものを
選んでみて下さいね。

>>【注目!】敏感な頭皮には、低刺激シャンプーがおすすめ

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク