乾燥肌なのににきびができる原因と対策は?

この記事は2分で読めます

nikibi

乾燥肌なのににきびができる原因と対策は?乾燥肌の自分はニキビとは無関係と思っていてる方も多いと思います。

しかし、乾燥肌でもニキビになることがあるのです。

肌の水分をキープすることができず、肌の機能が低下してしまうのが原因です。

特にアトピー体質の方は皮膚の水分量が不足して肌を守る力も弱くなっている状態です。

ここでは「乾燥肌なのになぜニキビができてしまうの?」の疑問に応えるため乾燥肌のニキビについてご紹介します。

乾燥肌のニキビで悩む方の参考にして下さい。

乾燥肌なのににきびができる原因は?

ニキビは脂性肌だけでなく乾燥肌でもできます。

ニキビは毛穴に脂が詰まることが原因とされますが、脂性肌の場合、皮脂が多く分泌されるため脂分が毛穴が詰まりニキビになります。

一方、乾燥肌の場合は、皮脂の分泌が少ないため肌を覆っている皮脂膜が作れず、角質層にある水分が外に出ていきやすくなります。

水分が少ないということは角質が硬くなりやすく、毛穴が細くなって皮脂が詰まりやすい状態になります。

脂性肌のニキビは皮脂の分泌が過剰で毛穴がつまり、その結果ニキビが起きますが、乾燥肌の場合は皮脂の分泌が少なすぎて毛穴の通りが悪くなり詰まるのが原因とされます。

乾燥肌にできたにきびの対策は?

乾燥肌のニキビ対策には水分と脂分の調整が重要になります。

乾燥肌は水分を逃しやすい肌質なのでローションなどで水分をたっぷり補給してあげると良いですね。

肌の細胞にやさしい成分のローションやクリーム、パックなど使用して角質層を正常な働きに戻してあげるようにします。

油分の多いクリームは界面活性剤などが含まれているので皮脂膜や角質層にダメージを与える可能性があります。

さらにアトピー肌の方は体質的に乾燥しやすいので潤いを保つことが特に重要です。

セラミドや大豆レシチン、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合された化粧水や保湿液を選びようにすると良いでしょう。

まとめ

ニキビは乾燥肌、脂性肌共通の悩みであることが分かりましたね。

乾燥肌のニキビは肌のバリアが弱くなっていることが原因で起こるため、保湿をしっかりして水分を保つようにすることが大切です。

また乾燥肌用の保湿化粧品を選ぶようにして肌の機能を正常に保つようにしましょう。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク