掻いたら大変なことに!まぶたが乾燥してかゆい時の対策

この記事は2分で読めます

mabuta_kayui

掻いたら大変なことに!まぶたが乾燥してかゆい時の対策まぶたがカサカサしていて痒くてたまらない!
とお悩みの方が今この記事を読んでくださっているかと思います。

まぶたは人目につきやすく目立つ場所でもありますし、
ちょっと腫れているだけでも人相が変わってしまうので、
まぶたの痒みは深刻な問題だと思います。

私もアトピーだった頃、まぶたにも湿疹ができ赤くカサカサとしていました。
ちょうど成人直後の嫁入り前だったので、随分と悩んだのを覚えています。
手や足の痒みとは訳が違いますからね。

まぶたの痒みは、アトピーによる症状だけでなく、乾燥が原因であることも多いようです。
まぶたは特に皮膚が薄くてデリケートな場所なので、
外部からの刺激にも弱く、乾燥しやすい場所でもあります。
痒みに耐えられず掻いてしまうと、余計お肌を傷つけてしまい、
バリア機能の低下を招き、更に水分が保持できず乾燥を引き起こすという
悪循環に陥ります。

また、まぶたを掻いたことによる刺激で、眼瞼下垂を引き起こしてしまうこともあります。
これ、実は私の実母が経験しています。
眼瞼下垂については検索してもらえればわかると思うのですが、
簡単に言うとまぶたが垂れ下がり、開きづらくなることです。
視野が狭くなったり、肩こりの原因になったりします。

最初は加齢のよるものだと思っていたのですが、
どうも、まぶたが痒くて何年もの間掻いたり擦ったりした結果
まぶたの筋肉を傷つけていたようです。

最終的には手術によって治療をしましたが、元々くっきり二重だったのが、
更に大きな二重になり、術後は整形手術を受けたかのような印象でした。

 

話がそれてしまいましたが、それだけまぶたの痒みは深刻だと言うことです。

痒みを我慢するというのはとても辛いことですが、
手や足と違って、特に掻いてはいけない場所であることを意識する必要がありそうです。

そのためには、原因の一つとして考えられる乾燥に対する対策をしっかり行う
必要があります。
ただ、母の場合、顔の保湿と一緒に毎日きちんと保湿をしていたんです。
なのに、すぐにカサカサ乾燥して痒みが・・・。

これは、まぶたが顔の部分で最もデリケートな場所であることに加え、
皮脂腺も少ないことが言えます。
更に外部からの刺激も受けやすいため、自らが持つ保湿機能が低下してしまい、
同じように保湿をしても、すぐに乾燥してしまうのです。

つまり、皮膚のバリア機能や保湿機能を高めてあげることこそ、
まぶたの乾燥対策に不可欠だと言えます。

そこでおススメなのが、管理人イチオシの保湿ケア製品みんなの肌潤糖
です。

これ、ただの保湿剤ではないんです。
お肌のバリア機能を向上し、本来自らが持っている潤いを保持する力を高めてくれるんです。
天然由来の成分でできていて、防腐剤、合成着色料、香料などの化学品は不使用
赤ちゃんの沐浴にも使えるくらい安心の保湿ケア製品で、
どんなに保湿をしても乾燥してしまう・・・と悩んでいる人にはおススメですよ!

もう少し詳しく知りたい!という人は、レビュー記事を参考にしてみて下さいね!

レビュー記事を見る

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク