赤ちゃんの夏のスキンケアにご用心!

この記事は2分で読めます

baby_massage

赤ちゃんの夏のスキンケアにご用心!冬の乾燥する時期に生まれた赤ちゃんと違って、春夏生まれの赤ちゃんのスキンケアはおろそかになりがちです。
冬と違って空気も乾燥していないし、お風呂上がりに保湿をしたらかえってベタベタして暑苦しいんじゃないかと考えているお母さんも多いようですね。

 

でもこれは大間違い!
夏こそ、赤ちゃんにも保湿を中心としたスキンケアが欠かせないんです。

 

赤ちゃんのお肌の乾燥は生後間もなくスタート

 

赤ちゃんのお肌は潤いたっぷりプルプルなイメージですが、実は生後24時間もすると赤ちゃんのお肌も乾燥が始まります

 

大人と違って赤ちゃんのお肌はバリア機能がまだ未熟なので、
その分外部からの刺激や乾燥などには弱いんです。

 

特に夏場は冷房や日焼けの影響で、お肌はより一層乾燥しやすくなります。
それに汗をかくと、その汗が蒸発するのと同時にお肌の潤いも逃げてしまうんです。

汗をかいた後に冷房で冷やされた時なんかは、特に注意が必要です。

 

また、お風呂上がりも要注意ですよ。
日焼け止めを塗った時は、石鹸でよく落としますよね。
それ自体は悪いことではありませんが、この時皮脂も一緒に流れ出てる状態ですので、お風呂上がりにはしっかり保湿をしてあげる必要があります。
また、汗や水分の蒸発と一緒にお肌の潤いも奪われますので、お風呂上がりはすばやくタオルで水分を拭き取ってからすぐに保湿してあげましょう。

 

夏だからこそ、赤ちゃんには保湿が必要なんだってことがおわかりいただけたかと思います。

 

生まれた直後からの保湿でアトピー発症率が低下!

 

最近の研究で、生後間もなくから保湿を始めた場合、
アトピーの発症を抑えられるという研究の成果が発表されました。

 

ポイントは、全身に保湿剤を塗ってあげることだそうですよ。
お風呂上がりに顔だけ保湿してますってお母さんが多いんじゃないでしょうか。

全身の保湿ってベタベタするし、夏場は特に避けがちですよね。
ベビーローションやワセリンを全身に塗るのは、どうかなと思いますよね。

 

私がおススメしているのは、ファムズベビーという赤ちゃん用の保湿剤です。

保湿剤には珍しい、柔らかい泡状のムースなので、全身に塗りやすくてベタベタしないのでとても使い心地がいいんです。
もちろん、家族全員で使えますよ♪

 

夏こそ油断せずに、しっかりと保湿をしてあげて、赤ちゃんの肌トラブルを防ぎたいですよね。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク