唇の乾燥原因と改善対策

この記事は2分で読めます

rip

唇の乾燥原因と改善対策唇には皮脂腺がないため、潤いを保つ機能が他の肌と比べて劣ります
なので、肌の乾燥はそれほど気にならないけれど、
唇はいつもカサカサという人も多いようです。
私も冬は特に唇が乾燥してカサカサどころか、皮が剥けてしまうほど
ガサガサ状態でした。
冬だけでなく、夏場の湿気の多い時期でさえ、唇に限っては乾燥が気になることも。
いつしか、唇は乾燥するのが当たり前なんて勝手に決めつけて、
諦めていたこともありました。
でも唇の乾燥も原因をきちんと理解して、正しくケアをすることで、
びっくりするくらい改善することもあるんですよ。

唇の乾燥の原因は?

唇が乾燥する原因は、以下の通り外的な刺激、内的要因含め、いくつか挙げられます。
普段から唇が乾燥するという人は、恐らくいくつか当てはまるのではないかと思います。

・舐める
子供に多いですが、実は大人も無意識に唇を舐めてる人は多いハズです。
舐めることで一時的に潤ったように錯覚しますが、実は余計乾燥を招いてしまうので要注意です。

・汚れによる刺激
食事の後に塩分などが付着したままだと、唇の乾燥の原因となります。
特にお子様の場合は、食事後は優しく口の周りを拭いてあげるといいですよ。

・リップクリーム
実はリップクリームにも刺激物や有害物質が含まれていることがあります。
特に値段の安いリップクリームは、お肌が弱い人は気をつけた方がよいでしょう。
それに、リップクリームの塗り過ぎもリップクリーム依存となってしまうため注意が必要です。

・ビタミン不足
特にビタミンBが不足すると、唇が荒れてくるので意識的に摂取するようにしましょう。

・胃腸機能の低下
胃が荒れていると口の周りが荒れるなんてよく言いますよね。
胃腸機能の低下はお肌に影響を与えます。
普段から胃腸に優しい食生活を心がけるといいですね。

・水分不足
水分が不足すると、唇の乾燥も顕著に現れます。
こまめな水分補給はお肌のためにも必要なんですよ。

・歯磨き粉
歯磨き粉が唇に付着し、それが唇の荒れを引き起こすことがあります。
特に歯磨き粉には界面活性剤が使用されていたり、刺激物が多く含まれているので
使用する歯磨き粉にも注意しましょう。

・化粧品かぶれ
女性の場合、お肌に合わない口紅などで、唇の乾燥や荒れを引き起こす人も多いです。
私も海外製の口紅を付けると必ず、唇の周り(縁の部分)が痒くなり、
湿疹のようなものが出来てしまいます。
自分の肌に合った低刺激の口紅を選びましょう。

・紫外線
紫外線も唇の乾燥や荒れの原因となります。
肌の紫外線対策はしていても、唇ってついつい忘れがちですよね・・・。
UV効果のあるリップクリームが手っ取り早いのですが、
リップクリームには有害物質が含まれていることもあるので、
自分に合った、なるべくオーガニックのリップクリームを選ぶことをおススメします。

・ストレス
肌荒れ同様、ストレスによっても唇の乾燥を引き起こします。
普段からストレスを溜めない努力が必要ですが、
心当たりのある人は、ストレス改善に目を向けてみましょう。

・口呼吸
鼻ではなく口で呼吸している場合、唇の乾燥の原因となります。
日中はしていなくても、寝ている間に無意識に口呼吸をしている人も
いるので、起きた時に口の中が乾燥している人は口呼吸をしているかもしれません。

唇の乾燥を改善する方法

唇の乾燥の原因は、上で挙げたようにいくつも考えられます。
普段からの生活習慣で当てはまるものを一つ一つ見直して行くことが、
唇の乾燥の改善の近道と言えるでしょう。

 

1年中慢性的に唇が乾燥しているという人におススメなのが、
みんなの肌潤糖という保湿ケア製品です。
ビート糖を主成分としていて、唇はもちろん全身の乾燥ケアに使える保湿製品です。
私も娘とともに愛用していますが、
冬以外はリップクリームを塗らなくても乾燥が気にならなくなりました
天然由来成分でできているので、赤ちゃんの沐浴にも安心して使える製品です。
気になる人は、是非公式サイトをチェックしてみて下さいね!

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク