手の乾燥の原因と対策

この記事は2分で読めます

tearai

手の乾燥の原因と対策手は体の中でも特に乾燥する部分です。

乾燥する原理は他の部位と同じく、乾燥肌の原因と対策
でも記載した通りですが、手は他の場所に比べると皮脂腺が少ないため、
その分乾燥しやすいと言えます。

特に冬の乾燥する時期は、手がカサカサになってしまう人も多いはず。
主婦は洗い物など水仕事をする機会が多いので、あかぎれやひび割れなど、
手の肌トラブルはつきものですよね。

 

手の乾燥の原因はと対策

手の乾燥の主な原因と対策は以下の通りです。
ご自身に特に当てはまるものから改善して行くと良いですよ。

 

1. 水仕事

手荒れの原因として一番に挙げられるのが、水仕事ではないでしょうか。
結婚して家事をするようになったら手荒れがひどくなった
なんて人も多いと思います。
私もそうでした(^^;
水やお湯によって、手の油分も洗い流されてしまうので、
カサカサしてしまうのは仕方ありません。
それに洗剤に含まれている合成界面活性剤のせいで、
更に手荒れが促進されてしまうのです。

<対策>

水仕事をする時には、ゴム手袋をはめると良いでしょう。
それだけで、だいぶ手の乾燥が改善されますよ。
また、食洗機を活用することもおススメです。

 

2. 空気の乾燥

冬場の乾燥や、エアコンなどによる室内の乾燥はお肌にとって大敵です。
乾燥によって手の潤いも奪われ、手荒れの原因となります。
冬に手荒れが多いのは、普通に生活しているだけでも空気の乾燥によって
手の水分が奪われるからです。

<対策>

冬場は加湿器を設置するなど、できるだけ室内の湿度を高めるようにしましょう。
また、外の寒い空気に触れないよう、外出時には手袋を着用することもおススメします。

 

3. 冷え

乾燥肌の原因の一つとして、冷え性が挙げられます。
特に手足など末端部分の冷えは、乾燥の他にもしもやけなど、
肌トラブルの原因になりやすいようです。
乾燥肌に限らず、冷えは万病の元とも言われてます。
体の中から冷えを改善するため、まずは体を冷やす食べ物を控え
体を温める食べ物を多く摂るよう心がけると良いでしょう。

 

子供の手荒れの原因は?

ところで、手荒れと言えばやっぱり主婦のイメージですが、
最近は子供の手荒れも増えているようです。

その原因として挙げられるのが、手洗いです。
インフルエンザやノロウイルスなど、感染症が度々メディアを騒がせていますが、
その影響で保育園や幼稚園、学校などでは手荒いが徹底されています。
一日に何度も、石鹸による手荒いをすることで、
手の潤いが奪われカサカサに乾燥してしまうのです。

うちの娘も、冬場の手荒れは可哀想なくらいひどいものでした。
全体的に赤黒く、皮脂はガサガサで硬くなり、
まるで像の肌のよう・・・。

でも、手を洗うなとも言えないし、悩ましい所ですよね。
少しでも手洗いによる手の乾燥を防ぐためには、
以下の点に注意すると良いですよ。

 

・熱すぎず、冷たすぎないぬるま湯で洗う
・ゴシゴシ擦らず、石鹸の泡で優しく洗う
・手を洗った後はすぐにタオルで優しく水分を拭き取る

 

また、手の乾燥が進むと、痒くなることがありますが、
掻くことで手のバリア機能が更に低下し、
乾燥が悪化してしまいます。
それに、掻いて傷ついた部分から細菌などが入り込み、
炎症の原因にもなりかねません。
子供は我慢できずについつい掻いてしまうので、
なるべく掻かないようにも、乾燥が悪化する前に
しっかりと保湿をしてあげましょう。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク