ほっぺたが乾燥して赤くなる原因と対策!ファンデーションはNG?

この記事は3分で読めます

nayami

ほっぺたが乾燥して赤くなる原因と対策!ファンデーションはNG?冬場になるとほっぺたがリンゴのように赤くなることがあります。

頬に赤みがあると血色が良く、健康そうに見えますが赤さだけが目立ってしまうと気になってしまいますね。

今回はほったぺたが赤くなる原因や対策について紹介します。

頬の赤みを気にしている方は参考にして下さい。

ほっぺたが乾燥して赤い原因は?

頬が乾燥して赤くなるのはいくつかの原因が考えられますが、頬に「炎症」が起きている場合や「肌が薄い」など肌質によって異なります。

頬の赤みが悩みという方は皮膚が薄く敏感で、乾燥や紫外線など外的な刺激も受けやすい状態となっています。

肌が乾燥して赤くなってしまう原因のひとつには過剰なスキンケアなどが挙げられます。

日常的に行われている洗顔やピーリング、マッサージなどで皮膚に刺激を与え過ぎると乾燥肌を招いてしまっている可能性があります。

特にピーリング剤などは肌に刺激が強く、強い成分も配合されていることから化粧品が原因となり角質層が剥がれて乾燥肌になってしまいます。

角質層が薄くなるということは肌で保持している水分が失われ、乾燥肌になりやすいということです。

顔の部分でも頬は摩擦や外的刺激を受けやすい部分と言われていますので、過剰なスキンケアが乾燥を招き、ほっぺたが赤くなってしまうのです。

また乾燥によって頬が赤くなるのは乾燥肌が進行した状態で肌の毛細血管が透けて見え、赤みを帯びていることが考えれます。

人間の皮膚の構造には皮下組織、真皮、表皮から成り立っていますが、真皮には多くの毛細血管が存在します。

外的刺激などにより、角質層がダメージを受けると外部刺激が表皮や真皮に伝わり炎症反応として頬が赤くなります。

ほっぺたが乾燥して赤い時の対策

乾燥して赤みを帯びた頬を何とかして改善したいと考えている方もいるでしょう。

頬が赤いのは角質層がダメージを受け、頬が乾燥しているからと説明しましたね。

そのため角質層を健康にしてあげれば乾燥を防ぐことができ、ほっぺたの赤みも改善されます。

対策法を紹介するので参考にして下さい。

  • 低刺激のスキンケア製品を選ぶ

低刺激の石鹸やスキンケア製品で肌を労わるようにします。肌に優しい成分が配合された保湿力のある化粧水やクリーム、乳液、洗顔石鹸などを選ぶようにします。

  • クレンジングオイルは使用しない

クレンジングオイルは余分な皮脂まで落としてしまい乾燥肌を助長してしまうことがあります。特に炎症が起きているときはクレンジングオイルの使用は避けるようにします。

  • 洗顔方法に注意する

洗顔する際は手で擦ったり、スポンジなどで刺激を与えないようにします。できれば石鹸の泡で優しく丁寧に洗うように心がけましょう。

  • 紫外線対策をする

紫外線はお肌の大敵です。紫外線を浴びることにより刺激となって乾燥肌を招いてしまいます。帽子や日傘など紫外線対策でお肌のバリア機能を整えてあげましょう。

  • ビタミンCを摂取

ビタミンCには肌を保護する栄養素が含まれています。ビタミンCを多く含む果物や野菜を積極的に摂取してお肌のバリア機能を高めてあげましょう。

  • 喫煙やアルコールは控える

喫煙やアルコールなどの習慣がある人は肌が乾燥して赤くなたり肌トラブルを起こしやすと言えます。

その他、コンビニ弁当や加工食品など利用する機会のある方はできるだけ控えるようにして下さい。

スキンケアばかりに目を向けず、規則正しい生活やたっぷりの睡眠、栄養バランスの摂れた食事など身体の中から改善するようにして下さい。

ほっぺたが乾燥して赤い時はファンデーションNG?

乾燥などによって肌が敏感になっている場合は、肌にダメージを受けやすい状態です。

その様な時にファンデーションを塗ると肌細胞の呼吸を妨げて症状が更に悪化することがあります。

肌が乾燥して頬が赤い時は保湿など基本的なスキンケア以外何もしない方が良いと言えるでしょう。

更にファンデーションを塗ることによりクレンジング剤でお化粧を落とすという作業が加わります。

乾燥肌で頬が赤くなっているときは角質層が薄くなっている状態で、そのような時にクレンジングなど余計な摩擦が加わると肌のバリア機能が更に低下してしまいます。

頬が乾燥して赤い時は低刺激の乳液やクリームでしっかり保湿をして、症状が改善してからファンデーションを塗るようにします。

仕事やデートなどでどうしてもファンデーションを塗る必要がある場合は、敏感肌用の化粧品に切り替えたり、肌に低刺激の成分を含んだファンデーションで対応しましょう。

近年では皮膚科医が勧める化粧品なども出ているので、低刺激の化粧品を利用してみるのも良いでしょう。

肌のバリア機能が向上すれば肌質が良くなり頬の赤みや乾燥が解消されることがあります。

ミネラルファンデーションは石鹸で落とせるほど刺激が少なく優しい成分のものが多いので、どうしてもメイクをしたいという方はミネラルファンデーションを検討してみましょう。

ファンデーションを選ぶポイントとしては石鹸などで簡単に落とせるファンデーションを選ぶようにして下さい。

まとめ

頬が赤くなって乾燥するのは肌のバリア機能が低下している証拠です。

パックやピーリング、美容器具を使用して肌に摩擦を与えることは肌を綺麗にするどころか反対に肌を傷めてしまう原因になりますので、使用する際は注意が必要です。

肌質を改善するにはスキンケアだけに頼らず、規則正しい生活や栄養バランスの摂れた食事など日常の生活習慣も大切です。

また喫煙やアルコールなどもお肌に悪影響のためできるだけ控えたり禁煙を心がけるようにして下さい。

お肌の機能が高まれば乾燥肌によって起こる頬の赤みも改善されるでしょう。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク