赤ちゃんの保湿にベビーワセリンは効果なし?

この記事は3分で読めます

baby_massage

赤ちゃんの保湿にベビーワセリンは効果なし?赤ちゃんのお肌のケアには、ベビーワセリンが有名ですよね。
お風呂上がりには赤ちゃんにベビーワセリンを全身に塗ってあげているというお母さんも多いはずです。
でも、果たしてベビーワセリンは赤ちゃんの保湿に効果的なのでしょうか。

赤ちゃんの保湿にベビーワセリンは効果ある?

ワセリンには肌の膜を覆う役割があるため、水分を蒸発しにくくしてくれ、乾燥から肌を守ってくれます。
皮膚科などでも乾燥肌など肌トラブルがある時に純度の高いワセリンが処方されます。

ベビーワセリンも、白色ワセリンを主成分とし不純物を取り除いた製法で作られ、伸びが良く高い保湿力があるため赤ちゃんのお肌の保湿の効果は期待できます。
また無香料・無着色・パラベンフリーなので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使用することができます。

ただし、カサカサの乾燥したお肌をプルプルのお肌にしてくれる訳ではありません
ワセリンは肌に膜を覆って、水分の蒸発を防いでくれますが、肌に水分を与えてくれるものではないのです。

関連記事:赤ちゃんも大人も顔の乾燥にワセリンは効果なし?

これはベビーワセリンも同じです。
ですから、乾燥しているお肌にいくらワセリンを塗っても、潤いが戻るばかりか逆効果なのです。

ベビーワセリンのデメリット

続いて、ベビーワセリンのデメリットについても見て行きましょう。

  • 痒みの原因となる

アトピー性皮膚炎や乳児湿疹などでワセリンを使用すると、痒みや赤みなど症状が悪化してしまうことがあります。
発赤や発疹、痒みが強い場合には自己判断に頼らず、皮膚科を受診して適切な軟膏を処方してもらいましょう。

  • ベタベタする

ベビーワセリンは低刺激で肌に優しい使い心地ですが、べたつき感があります。
またベビーワセリンは表面を覆う作用があり肌に浸透していくわけではありませんので、夏場などは汗腺を塞いで肌の症状が悪化することもあります。
また、肌にしっかりとつくため洗い流すのに時間がかかったり、洗う時の摩擦により肌にダメージを与えてしまうことが考えられます。

  • 水分が少ない

先ほども説明しましたが、ワセリンは肌に浸透するのではなく、肌の水分の蒸発を防いでくれるものなので、乾燥している肌に潤いを与える効果は薄いです。
赤ちゃんの肌が乾燥しているときは、保湿することが先決です。

チェック!赤ちゃんのカサカサお肌は保湿とバリアで解決!

  • 新陳代謝が衰える

赤ちゃんは新陳代謝が活発ですが、ベビーワセリンを使用することにより新陳代謝が鈍ってしまうことも考えられます。
ベビーワセリンは皮膚の表面を覆って乾燥を防いでくれる役割がある一方、肌の細胞が空気に触れず、新陳代謝を妨げてしまうことがあります。

  • 紫外線の影響を受けやすい

ワセリンは石油を原料として作られています。
そのため、塗った後に直射日光に当ると油やけを起こし、紫外線の影響を受けてしまいます。

ベビーワセリンの効果的な使い方

ベビーワセリンは低刺激で赤ちゃんにも優しい使用感ですが、正しい使い方をしなければ効果を十分に得ることができません。

ここではベビーワセリンの効果的な使い方を紹介します。

まず、ベビーワセリンを使用する前に皮膚の状態を確認します。
痒みや発赤、発疹、痒み、痛みなど症状がないか確認しましょう。
皮膚に症状がある場合、ベビーワセリンであっても自己判断で使用すると症状が悪化してしまうことがあります。

  • 手を温めてから塗る

摩擦を与えると敏感な赤ちゃんの肌にダメー字を与えてしまい症状が悪化してしまうことがあります。
ベビーワセリンは滑らかな製法で伸びやすく摩擦が少ないように作られていますが、塗る時は摩擦が起きにくいようにまず手を温めてから擦らず優しく塗るようにしましょう。

  • 肌を清潔に保ってから塗る

ベビーワセリンは皮膚の表面を覆う為、雑菌や傷があると傷口などから雑菌が繁殖して感染を起こす可能性が出てきます。
入浴後など皮膚を清潔にした後で、塗るようにしましょう。
また入浴後は水分が失われやすい状態のため、すぐに塗るようにして下さい。

  • 適量を塗る

ワセリンは多すぎるとべたべたしすぎるので、適量を取って薄く塗るようにしましょう。

まとめ

赤ちゃんの保湿「ベビーワセリン」についてまとめました。

ベビーワセリンは不純物の少ないワセリンを主成分としているので赤ちゃんにも安心して使用することができます。
保湿をするときは肌を清潔に保った状態で優しく塗ってあげて下さいね。

ただし、赤ちゃんのお肌が乾燥してカサカサしている時は、ワセリンを塗る前に保湿をしてあげるようにして下さいね。

赤ちゃんとのスキンシップをしながら保湿ケアを行いましょう。

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク