秋の肌荒れの原因は?乾燥対策は?化粧ノリを良くするには?

この記事は2分で読めます

tree_aki

秋の肌荒れの原因は?乾燥対策は?化粧ノリを良くするには?季節の変わり目でもある秋は、何かと肌トラブルの多い季節です。
ゴワゴワ、ガサガサしていて、化粧水がなかなか浸透しないとか、吹き出物が増えて来た・・・とか。
秋になった途端に肌荒れが・・・という悲鳴があちこちから聞こえて来ます(^^;

 

秋の肌荒れの原因は?

秋の肌荒れの主な原因を見てみましょう。

 

■夏の間に受けたダメージの影響

夏は、1年のうちで一番お肌にとって過酷な季節です。

強い紫外線の影響や、エアコンによる乾燥や冷え、汗の蒸発によるお肌の乾燥などがあげられます。

そんな夏を過ごして来た秋のお肌は、バリア機能が低下していてとってもデリケート

ちょっとしたことで、肌トラブルが発生しやすくなっているんです。

 

■季節の変わり目による自律神経の乱れなど体調の変化

秋は、なんだか体が重くて疲れやすいですよね。

急激に寒くなったり、1日の寒暖差などにより自律神経のバランスが乱れます

自律神経の乱れはホルモンバランスにも悪影響を与えます

そうすると、お肌のターンオーバーも乱れますから、肌荒れの原因となってしまうんですね。

 

秋の肌荒れ対策

 

秋のデリケートな状態のお肌が、そのまま冬の過酷な乾燥時期へと突入すれば、
更に肌荒れが促進されてしまうことは想像が付きますよね。

その前に、お肌のバリア機能を回復させてあげないと、大変なことになってしまいます。

 

それでは、秋のお肌をどうやって健全な状態に回復してあげれば良いでしょうか。

普段の生活の中で、手軽に改善できる方法をご紹介したいと思います。

 

ポイント1:保湿によるバリア機能の向上

夏場よりも保湿成分の高い化粧水を使用するなど、

保湿対策を普段よりも入念に行いましょう。

洗顔後や入浴後は、水分の蒸発と一緒に保湿成分も逃げてしまいますので、
タオルで水分を拭き取ったら素早く保湿をして下さいね。

 

ポイント2:入浴方法の見直し

肌寒くなって来て、湯船に浸かる時間も長くなるかと思います。

しかし、熱いお湯に長時間浸かることで、
汗と一緒に肌の水分や油分も奪われてしまうので注意が必要です。

ぬるめのお湯に浸かり、入浴後は速やかに保湿するようにします。

 

ポイント3:たっぷり睡眠

秋の夜長は、ついつい夜更かししがちです。

でも、睡眠不足は肌荒れの原因にもなります。

お肌は睡眠中にターンオーバーしますから、

肌荒れ改善にたっぷりの睡眠は欠かせませんよ。

 

秋の肌荒れに効果的な保湿方法

保湿によってバリア機能を向上させることが、
秋の肌荒れを改善する最も重要な方法です。

更に保湿効果を高めるためにおススメなアイテムをご紹介しますね。
本サイトでも、赤ちゃんや子供のアトピー対策でもおススメしてる、みんなの肌潤糖です。

砂糖を原料としている保湿ケア商品なのですが、
保湿の前にこのみんなの肌潤糖をすり込んでから洗い流すだけで、
お肌の保湿機能がUPするんです。

化粧水がスーっと浸透して行くのをすぐに実感できますよ。

=>レビュー記事はこちら
=>みんなの肌潤糖公式サイトはこちらから

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク