赤ちゃんのアトピーは予防できる?

この記事は2分で読めます

babysmile

赤ちゃんのアトピーは予防できる?お母さんやお父さんがアトピーやアレルギー体質だったり、既に上の子でアトピーを経験されていたりすると、

生まれてくる子もアトピーだったらどうしよう。。。

と不安になるかもしれません。

一度アトピーの辛さを経験したことのあるお母さんやお父さんは、可愛い我が子に同じ経験をさせたくないと思うのも自然なことだと思います。

できることならば、

これから生まれて来る子や、生まれて間もない赤ちゃんを、アトピーから予防してあげたいと思いますよね。

これまでアトピーは、その原因や仕組みなど謎に包まれていましたが、徐々にメカニズムなども究明されて来ています。

そんな中で、2014年10月に、国立成育医療研究センターのアレルギー科のグループが、が世界で始めてアトピーは予防することができるという研究の成果を発表したのです。

その内容を簡単に説明すると、新生児の赤ちゃんに生後間もなくから6ヶ月間保湿剤を全身に塗ってあげることで、その後のアトピー発症率を3割以上も抑えることができるという内容です。

これまで、妊娠中のお母さんの食物制限によるアレルゲン除去で生まれて来る赤ちゃんのアトピー発症率を抑える研究などがなされてきましたが、その多くが失敗に終わっていたそうなので、今回の研究の成果は世界が注目する発見なんです。

もちろん、100%防げるという訳ではありませんが、3割減と言ったら結構な数値だと思いませんか?

しかも、保湿剤を毎日全身に塗ってあげるだけで予防できるのなら、やらない理由が見当たりませんよね。

また、この「全身に」というのがポイントで、1日1回全身に保湿剤を塗った場合と、乾燥している場所だけに局所的にワセリンを塗った場合とで比較すると、全身に保湿剤を塗った場合の方がアトピーの発症率が低かったというのです。

お風呂上がりにワセリンを乾燥してカサカサしている場所に塗ってあげるというお母さんも多いと思います。
私も、赤ちゃんのプルプルお肌は十分に潤っているというイメージですから、保湿もカサカサの場所だけで良いと思ってました。

でも、1日1回全身に保湿剤を塗ってあげるということが、お肌のバリア機能を保ちアトピーの発症率を下げることに繋がるということなんだそうです。

そして、赤ちゃんへの保湿と言えばベビーワセリンが有名ですが、ワセリンはベタベタしていて全身に塗るにはちょっと抵抗がありますよね。

それにワセリンは確かに保湿効果はあるのですが、お肌の潤いが逃げないように蓋をしてあげるだけで、お肌に潤いを届けることはしてくれません。

そこでおススメなのが、ファムズベビーという赤ちゃん用の保湿剤です。

このファムズベビーの優れた所は、お肌に潤いを届けた上できちんと蓋をしてくれるという、ダブル効果で赤ちゃんのお肌をしっかり保湿してくれるところです。
それに、柔らかい泡状のムースなので、全身に塗るにはピッタリです。
もちろん、赤ちゃん専用という訳ではないので、家族全員で使えますよ。

冬場の乾燥している時期はもちろん意識的に保湿を心がけていると思いますが、乾燥している実感があまりない季節でも、しっかり全身を保湿してあげることがアトピー予防の第一歩なんですね。

>>ワセリン不要な保湿と保護のダブル効果の詳細を見てみる


関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク