アトピーにおススメの腸内環境改善対策!大人はもちろん子供にも安心!

この記事は2分で読めます

hukutsu

アトピーにおススメの腸内環境改善対策!大人はもちろん子供にも安心!アトピーの人は、腸内環境の状態が悪い人が多いようです。
私も元々胃腸が弱く、特に腸は便秘は下痢を繰り返したり、
突然の腹痛に見舞われたりと、長年の悩みでもありました。
便秘になるとアトピーが悪化するという人もいるようですね。
また、腸内環境の悪化は、アトピーのみならず、様々な体の不調の原因に繋がるとも
言われています。

大人だけでなく、子供の場合も当然同じことが言えます。
海外の医学論文では、アトピーの子供は腸内細菌のバランスの乱れが見られる
発表されているそうです。

腸内環境を改善するには?

いかに腸内環境の改善がアトピーの人にとって重要かということですが、
それでは、腸内環境を正常な状態にするためにはどうすれば良いでしょうか。

まず、腸内環境が悪い状態というのは、腸内細菌のうち悪玉菌が多い状態を
言います。
それを正常な状態に戻すためには、皆さんご存知の通り、
悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが必要です。

ここで登場するのが日和見菌です。
善玉菌や悪玉菌はよく耳にするけれど、日和見菌というのは初めて聞いたという人も
多いのではないでしょうか。
実は腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌があるのです。

日和見菌というのは、3種類の中で一番多数(約7割)を占めています。
そして、善玉菌が優位に働いているときや良い働きをし、
悪玉菌が優位に働いている時は悪い働きをするというように、
強い方の味方をするちょっとセコイ奴なんです。

なので、悪玉菌を増やさないためには、日和見菌が悪玉菌の味方をしないよう
善玉菌優位の状態を保つということが必要なのです。

さてそこで本題です。
どうしたら善玉菌が優位な状態になるのかについてです。

まずは、野菜など食物繊維を多く摂り、和食中心の食生活を心がけることで、
腸内をキレイな状態にします。
そしてそこから日々の食生活の中で、善玉菌をを含む食品を取り入れることで、
腸内に善玉菌を増やして行きます。

ところで、善玉菌を多く含む食品と聞いて思い浮かべる食べ物は何ですか?
私はずっと、善玉菌と言えばヨーグルトだと思って来ました。

善玉菌と言えばビフィズス菌、ビフィズス菌と言えばヨーグルトですよね。
でもちょっと待って下さい。
ヨーグルトがアトピーの悪化因子になることもあるので注意が必要です。

これに関する詳しいことは、ヨーグルトでアトピーが改善!?それとも悪化!?
に書いたので、読んでみて下さいね。

では、ヨーグルト以外で善玉菌を増やすためにはどうすれば良いでしょうか。
私のオススメは、オリゴ糖です。
善玉菌は、オリゴ糖をエサとして食べることで活性化し、増殖して行きます。
善玉菌が増え、腸内環境が改善されるので、
当然お通じも良くなります。
だから、便秘改善としてオリゴ糖を摂取する人も多いようですね。

オリゴ糖は、野菜などにも含まれますが、効率よく摂取するなら
カイテキオリゴがおススメです。
体内で活躍する善玉菌は30種類以上もあるのですが、
それぞれ相性の良いオリゴ糖が異なります。
カイテキオリゴは、単一成分のオリゴ糖と違って、
複数のオリゴ糖が組み合わされているので、
30種類以上の善玉菌ほぼ全部をサポートしているんです。
それに、高品質・高純度のほぼ100%ナチュラルオリゴ糖なので、
赤ちゃんからお年寄り、妊婦さんでも安心して食べられる健康食品なんですよ。
我が家はカイテキオリゴのおかげで、娘も私も快便で、お肌の調子も良好です♪

オリゴ糖のおかげで善玉菌優位の状態になれば、日和見菌が善玉菌の味方になり、
腸内環境がどんどん良くなります。
そして腸内環境の正常かが保たれれば、自然治癒力も高まるので、
アトピーなどの肌トラブルも改善されやすくなります。
腸内環境って大事なんですね。

腸内環境改善による免疫力UPや自然治癒力向上と、
正しい効果的な保湿の組み合わせが、
アトピー対策にとって最強となること間違いなしですよ。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク