赤ちゃんや子供のアトピー肌に有効なスキンケア方法

この記事は2分で読めます

bathtime

赤ちゃんや子供のアトピー肌に有効なスキンケア方法赤ちゃんや子供のアトピー肌は、カサカサしたり、ジュクジュクしたり、
赤くなったりしてとても痒そうで、ママも見ていて辛いと思います。
上手にスキンケアをしてあげることが、炎症を抑え、痒みを取ってあげるための近道と言えるでしょう。

赤ちゃんや子供のアトピー肌に有効なスキンケア方法を以下にご紹介します。

 

1.石鹸で洗う

 

当たり前のことですが、毎日石鹸を使って体や顔を洗ってあげましょう。
実は汗はアトピー肌にとって大敵なんです。
汗の付着した皮膚には細菌が繁殖し、炎症が起きやすくなってしまいます。
特に赤ちゃんや子供は新陳代謝が良いですから、汗を沢山かきます。
なので、お風呂でしっかり洗ってあげることが大切です。

 

ただし、ゴシゴシ擦り過ぎたりしないよう、注意しましょう。
擦った刺激で炎症が悪化してしまったり、
必要な皮膚の水分が抜けてしまい、余計にカサカサやジュクジュクが悪化してしまいますよ。
適度に優しく洗ってあげることを心がけるといいですね。

 

2.十分な保湿をする

 

きれいに洗ってあげたあとは、十分に保湿をしましょう。
アトピー肌には保湿が不可欠です。
朝とお風呂上がりの1日2回、保湿剤を塗ってあげると効果的ですよ。

色々な種類の保湿剤がありますが、その子に合ったものを選ぶ必要があります。
病院でも処方してくれますし、薬局で相談してみるのもいいですね。
色々試してみて、決めるのがいいと思います。

 

保湿剤の保湿効果を高める優れものをご存知ですか?
口コミですごく評判が良かったので、私も試しに使ってみたのですが、
すごくオススメです。
気になる方は、記事下の画像から公式サイトに飛びますので見てみて下さいね。

 

3.紫外線を防止する

 

紫外線による日焼けは、アトピー肌にダメージを与えます。
外に出る際には、日焼け止めクリームを塗ったり
長袖長ズボンを着るなどして、紫外線対策を心がけましょう。
もちろんですが、日焼け止めクリームは、赤ちゃん用の低刺激のものを選びましょうね。

 

4.刺激の少ない下着や衣類を選ぶ

 

下着や衣類の摩擦によって、アトピー肌の炎症を悪化させてしまったり、
痒みが増すことがよくあります。
なるべく刺激の少ない、肌に優しい生地のものを選ぶといいですよ。
また、汗を吸水してくれる素材のものもおススメです。
アトピー肌の部分に縫い目が当たるような衣服は避けた方が良いですね。

 

このように、毎日の生活の中でできることをしてあげることが大切です。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク