妊娠中や授乳中のコーヒーは赤ちゃんのアトピーを悪化させる?

この記事は1分で読めます

cofee

妊娠中や授乳中のコーヒーは赤ちゃんのアトピーを悪化させる?妊娠中や授乳中のアルコールは、母乳を通じて赤ちゃんに悪影響を与えることは
周知の事実で、常識でもあります。
では、コーヒーはどうでしょうか。

コーヒーにはカフェインが含まれているので、
何となく、母乳を通じて赤ちゃんに悪影響を与えそうですよね。

 

そう、コーヒーに限ったことではありませんが、
カフェインは母乳を通じて赤ちゃんの体内に取り込まれます。

ですが、コーヒー1杯に含まれるカフェインが約100mgに対して、
母乳を通じて赤ちゃんに取り込まれるカフェインの量はほんのわずかだそうです。
なので、よっぽど大量に摂取しない限りは、
それほど影響はなさそうですね。
それよりも、大好きなコーヒーを我慢することのストレスの方が、
よっぽど育児に影響があるのではないかと私は思います。

 

ちなみに、赤ちゃんがカフェインを摂取することで、
情緒不安定になったり、夜泣きなどの原因になることがあるそうです。
最近ちょっと様子がおかしいな?と思った時は、
もしかしたらコーヒーなどカフェインが影響しているかもしれないので、
しばらくカフェインを控えてみるのも良いかもしれません。

 

気になるアトピーへの影響については、残念ながら正確な情報を
見付け出すことはできませんでした。
私個人的な意見としては、カフェインはアトピーに少なからず影響を与えるものではあるので、
もし我慢できるのならば、しばらくコーヒーを控えてみるのも一つの手かと思います。

それと、アトピーの話からはちょっとそれちゃいますが、
コーヒー豆には脂質が含まれているので、
乳腺炎の原因となる場合もあるので注意が必要ですよ。
おっぱいの出がちょっと悪いなとか、
最近油っぽいもの食べちゃったなって時は、
やっぱり控えた方が良さそうです。

でも、コーヒーは嗜好品ですから、コーヒー大好きな人にとっては、
我慢するのが逆にストレスになってしまいます。
そんな場合は、無理は禁物ですよ。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク