赤ちゃんのアトピーと母乳の関係は?授乳中の食事について

この記事は1分で読めます

bonyu

赤ちゃんのアトピーと母乳の関係は?授乳中の食事について乳幼児期のアトピーの原因は食べ物によるアレルギーと関係深いということは、
以下の記事でも説明しました。

 

子供のアトピーの原因
赤ちゃん(乳児)のアトピーの原因

 

それでは、まだ食べ物を食べることができない、赤ちゃんの場合はどうでしょうか。
母乳はお母さんの食べたもので質が決まりますので、
母乳で育っている赤ちゃんはお母さんの食事の影響を受ける
と言えます。

もちろん、乳児期の湿疹はアトピーではなく乳児湿疹である可能性も高いのですが、
どちらであっても、赤ちゃんには質の良い母乳を飲ませてあげたいですよね。

ただし、あまり神経質になることはおススメできません
例えば、お母さんが牛乳や卵を食べた後で授乳すると、明らかに湿疹がひどくなるなど、
はっきりしている場合を除いて、乳製品や卵などのアレルギー食品は一切食べてはいけないという訳ではありません。
食べなければ赤ちゃんのアトピーが治るというほど、アトピーは単純なものではないからです。
また、質の良い母乳のために、食べたいケーキやお菓子を我慢するのもストレスですよね。
ストレスだって、母乳の質を低下させる原因の一つですので、
たまーにだったら、甘いものを食べたって問題ないと思います。
あ、ただしアルコールは厳禁ですよ(^^;

 

授乳時の食事制限については、医師によっても考え方は様々です。
結局、未だにアトピーとの関係は解明されていないということですね。

普段から和食中心の生活を送って、おっぱいに悪い食べ物はなるべく避けるべし。
これは赤ちゃんがアトピーだからとかに関わらず、母乳を与えているお母さん全般に言えることですね。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法とは?
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク