アレルギーとは何か?原因は?

この記事は2分で読めます

kahunsyo

アレルギーとは何か?原因は?私たちの体には、外部からウィルスや細菌など異物の侵入を防ぐための働き、
すなわち「免疫力」というものが備わっています。

この免疫力が、通常は無害なものに対して過剰に反応してしまうことを、
アレルギーと言います。
例えば花粉症もアレルギー性鼻炎の一種ですが、
花粉の侵入により免疫反応が過剰に起こり、くしゃみや鼻水などの症状を引き起こすのです。
つまり、外部からの異物の侵入を防ぐための免疫力が、
自分自身の体までも攻撃してしまうということなんですね。

 

アレルギーと言われてまず思いつくのが食物アレルギーですが、
その他にも金属アレルギー猫アレルギー日光アレルギーなどなど、
様々な種類のアレルギーが存在します。

また、今まで全く平気だったものも、
ある日突然アレルギー反応を引き起こすなんてこともあるので油断できませんね。
花粉症もアレルギーで引き起こされる症状の一種ですが、
生まれたときから花粉症という訳ではないですよね。
ある年に突然花粉症を発症して、それ以来毎年悩まされているというケースが殆どではないでしょうか。
私の場合、秋の植物(稲、ヨモギ、ブタクサ)で花粉症のようなアレルギー反応を毎年起こしています。

 

また、子供の場合、年齢が上がるにつれて逆にアレルギーが緩和されることもあります。

例えば、幼い頃に生卵を食べると口の周りが痒くなったりなど、
アレルギー反応があったけれど、
思春期の頃から何の反応も起こらなくなったということはよくある話です。

 

アレルギー反応が起こる原因は、未だ解明されていないそうですが、
清潔すぎる環境がアレルギーを引き起こす原因の一つであると言われています。
生まれたときから清潔過ぎる環境で育つと、アレルギーを引き起こしてしまうので、
少しぐらい汚い環境で育てた方がいいなんて意見もよく耳にします。
でも、意図的に汚い環境でなんて、なかなか育てられませんよね・・・(^^;

 

アレルギーは、即時型が殆どです。
つまり、アレルゲンが体内に侵入してすぐにアレルギー反応を引き起こすことが多いのです。
なので、子供が突然アレルギー反応を引き起こした場合は、直前に食べたものなどで
アレルゲンを特定することは可能です。

日本人の約3分の1が、何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。
検査によってアレルゲンを特定することも可能なので、何らかのアレルギー症状がある場合は、
アレルゲンを特定しておくことも必要ですね。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク