アトピーによる黒ずみや色素沈着にピーリングは効果があるのか?

この記事は2分で読めます

face

アトピーによる黒ずみや色素沈着にピーリングは効果があるのか?アトピー性皮膚炎の症状が長期間に渡って続いていると、
やがて色素が沈着し、黒ずんでしまうことがあります。
特に首やうなじ、デコルテなどは人目にもつく場所ですので、

「このまま一生色素沈着が消えなかったらどうしよう」

と、アトピーによる色素沈着に悩まされている人も少なくないかと思います。
私もアトピーの症状が落ち着いた頃から、
赤黒い色素沈着が腕や足の関節のところに残りました。

この色素沈着、ステロイド剤による副作用と思われがちですが、実は違うんです
アトピーによる色素沈着は、炎症が原因です。
炎症によってメラノサイトが活性化し、メラニンが大量に発生することで
色素沈着が起こります。

 

このアトピーによる色素沈着に、ピーリングは有効なのでしょうか。

 

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を用いて肌の古い角質を落としたり、
毛穴の黒ずみを除去したりします。
これによって肌の新陳代謝が良くなり、
肌の再生力が増すので、ニキビやシミ・シワなどに効果があるとされています。
新陳代謝を高めて古い角質を落としてくれるということは、
アトピー性皮膚炎による色素沈着にも効果があると言えます。

ただし、炎症がある場合の肌には、行わない方が良さそうです
ケミカルピーリングは無理矢理表皮を薬剤で剥がすようなものなので、
アトピーの炎症が起きている肌には、ちょっと過酷ですよね。
まずは、炎症を抑えることが先決ですよ。

ちなみに、ケミカルピーリングは医療行為であるため、
皮膚科などで受けることができます。
なので、事前にアトピーによる色素沈着であることをお医者様に伝え、
お医者様の指示に従うのが良いかと思います。

 

アトピーによる色素沈着は、ある程度の期間が経過することで、必ず消えます

個人差はあるかと思いますが、私は20代の頃に再発したアトピーによって色素沈着した部分が、
2年くらいで跡形もなくなりました

歳を取るに連れてシミができやすくなったり、
にきび跡(吹き出物ですね^^;)が残ってしまったりするのと同じで、
皮膚の新陳代謝が低下することで、アトピーによる色素沈着の治りも遅くなるので、
皮膚の新陳代謝を活性化して、ターンオーバーがしっかりできるよう、
日々の生活の中でも心がけることが大切です。

例えば・・・

・紫外線対策をしっかりとする
・規則正しい生活を送る
・ビタミンCやビタミンEを摂取する
・正しく保湿する
・ストレスをためない

などが挙げられます。

アトピーによる色素沈着は、皮膚のターンオーバーによって遅かれ早かれ
いずれは剥がれ落ちるものなので、焦らずに日々の生活改善を行う
ところから始めることをおススメします。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク