唇のアトピーの症状と対策

この記事は2分で読めます

rip

唇のアトピーの症状と対策冬になると、唇が乾燥してカサカサしてしまい、
リップクリームが手放せなくなりますよね。

唇は角質層が薄くとてもデリケートな部分です。

元々外部からの刺激などに弱い唇ですが、
冬以外の季節でも乾燥してカサカサしたり、
唇の縁の部分が痒いという場合は、
アトピー性口唇炎である可能性があります。

 

私もアトピーが再発していた頃、
唇の乾燥に悩まされました。
ただ乾燥するだけでなく、痒みを伴います
特に唇の縁の部分の痒みがひどく、
我慢できずに掻きむしってしまい、
膿のようなものが出てくることが頻繁にありました。

リップクリームを常に持ち歩いていたものの、
塗ってもその場しのぎにはなるけれど、
乾燥や痒みはしばらく取れませんでした。

 

アトピー性口唇炎による唇の乾燥や荒れた状態への対策は、
紫外線など外部からの刺激を抑え、しっかり保湿することです。
唇の保湿ケアと言えば、リップクリームですが、
私の経験上、リップクリームを塗ってもアトピー性口唇炎はそう簡単に改善されません
リップクリームによっては、唇の痒みが増してかえってひどくなることがあるので、
注意が必要です。

 

そんな時にオススメなのが、みんなの肌潤糖 です。
砂糖を原料とした保湿ケア化粧品で、デリケートな唇にも安心して使えます。
口に入っても安全な食物由来の原料で作られているため、
赤ちゃんや子供にも安心して使えますよ!

このみんなの肌潤糖を繰り返し使っているうちに、
しっとりプルプルの唇が取り戻せるんです!
お試し用もありますので、是非一度試してみて下さいね!

レビュー記事はこちら=> 娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法

ちなみに、唇が乾燥すると、ついつい舐めてしまうことがあるかと思います。
子供は特に、乾燥した唇を頻繁に舐めませんか?
乾燥した唇を舐めると、その時は何となく潤った様な気がしますが、実は逆効果なんです。

舐めた唇が乾燥する際に、元々あった水分も奪ってしまうため、
余計乾燥してカサカサしてしまうそうです。
なので、乾燥してカサカサ皮が剥けるような状態の唇は、
決して舐めないように気をつけましょう。

なかなか治りにくい唇のアトピーですが、
正しくケアしてあげることで、潤いを取り戻しましょう。

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク