砂糖はアトピーを悪化させる?代わりになるものは?

この記事は2分で読めます

cake

砂糖はアトピーを悪化させる?代わりになるものは?砂糖は諸悪の根源であると言われているのはご存知ですか?

アトピーに限らず、ありとあらゆる病気や、原因不明の体調不良
不眠慢性疲労、うつ病などなど、大げさなようですが、これらは砂糖の摂取量と
深い関係があるとされているのです。

 

何故砂糖はそこまで害のあるものとされているのでしょうか。

 

それは、白砂糖はその精製過程において様々な薬剤を使用し、
人工的に作られたいわば化学製品だからです。

白くサラサラの砂糖にするため、ビタミンやミネラルなどの栄養素は
全て取り除かれてしまうので、体にいい訳がありませんよね。
砂糖を口にすることで、こうして精製過程で取り除かれたビタミンやミネラルが、
白砂糖を消化吸収するために体内から奪われてしまうのです。
また、砂糖は腸内で悪玉菌を増やし、腸内環境を悪化させたり、
腸壁を傷つけタンパク質の消化を妨げてしまいます。

 

このように、良いことなんて一つもない白砂糖ですから、
摂取しない方が良いのは当然ですよね。
実際に、白砂糖の摂取をやめたところ
アトピーが改善されたという事例は多数あるようです。

 

しかし、甘いものが好きな人が、甘いものを断つというのは、
なかなか難しいことかもしれません。
疲れた時など、無性に甘い物が食べたくなることってありますよね。
でもそこはグッと我慢です。
砂糖は摂取しなくなると、欲しくなくなるんだそうですよ。

 

白砂糖の代わりとしては、てんさい糖がおススメです。
また、ハチミツ黒砂糖、それにきび砂糖も白砂糖よりはマシだそうです。
いずれも、スーパーなどで普通に売ってますので、
是非白砂糖の代わりに使うようにしてみて下さい。
ちなみに我が家は白砂糖は使ったことがなく、
お料理もお菓子も、全てきび砂糖を使って作ってます。

甘いものが大好きな子供には、市販のお菓子などではなく、
てんさい糖やきび砂糖で作った手作りのお菓子を
食べさせてあげるのが良いかと思います。

 

ちょっと努力が必要ですが、白砂糖を摂取しないことで、
アトピーが改善されるなら、頑張れそうですよね。
是非チャレンジしてみて下さい!

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク