おでこのアトピーの原因と対策

この記事は1分で読めます

shampoo

おでこのアトピーの原因と対策顔の一部分にアトピーの症状が現れる人も多いようです。
今回はおでこのアトピーについて見て行きたいと思います。

 

私は主に左側の頬と、おでこのアトピーが目立ちました。
特におでこは乾燥してカサカサし、痒みが伴って常に赤く炎症を起こしていました。
この炎症を起こした状態が続くと、
おでこに線状のシワのようなものが現れ、
人目に付くのが嫌で、炎症部分はファンデーションやコンシーラー
なるべく目立たなくして、厚い前髪でおでこを隠していました。

これがかえっておでこのアトピーを悪化させる原因となっていたようです。
アトピー性皮膚炎の人の肌は、正常な肌に比べるとバリア機能が
極端に低下している状態です。
なので、ファンデーションなどの化粧品や、前髪の刺激によって
炎症がかえって悪化してしまうのです。
また、おでこはシャンプーやリンスの刺激を受けやすい場所でもあります。
シャンプーやリンスを変えたら、おでこのアトピーが悪化した
という人もいるくらいです。

 

実はおでこは、皮脂の分泌が活発なため、普段は乾燥しにくい場所なんです。
おでこにニキビが出来ることからも、脂っぽいことがわかりますよね。
しかしアトピー性皮膚炎でバリア機能が低下している状態で、
洗浄力の強いシャンプーを使用すると、おでこの皮脂もシャンプーによって
奪われてしまうのです。

 

おでこが乾燥して痒くなった場合は、まずはシャンプーやリンスを見直してみるのが良いでしょう。
シャンプーやリンスを低刺激のものに変えるだけでも、
炎症や痒みが治まる可能性が十分にあります。
また、シャンプーやリンスを洗い流す時は、
なるべく顔にかからないよう、注意して流してみてください。

更に、できれば女性は化粧など刺激になるものは避けて
前髪もおでこにかからないように上げるのがベストです。

 

とにかく、おでこのアトピーは刺激を与えないことで、
だいぶ改善されると思いますので、日々の生活の中で注意してみましょう。

オススメ記事!=> 娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーを改善した方法


関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク