アトピーを悪化させる食べ物

この記事は2分で読めます

food2

アトピーを悪化させる食べ物アトピー性皮膚炎は、食べ物と密接な関わり合いがあると言われています。
アトピーを改善する食べ物では、
腸にやさしい食べ物がアトピーには良いと説明しましたが、
逆に腸に負担がかかるような食べ物は、アトピーを悪化させると考えて良いでしょう。
アレルギーの原因となる食べ物ももちろんですが、普段から腸内環境を悪化させるような
食べ物の接種を控えることも重要です。

それでは、アトピーを悪化させる食べ物を見て行きたいと思います。

 

1. 油っぽい食べ物
天ぷらやトンカツなど油で揚げた食べ物は、胃腸に負担がかかるので食べ過ぎは要注意です。

2. 白砂糖
白砂糖が多く使われているお菓子類や、ジュースは、
皮膚の健康を維持するためのビタミンB1を壊してしまうそうです。

3. 農薬や添加物が使用されている食べ物

農薬の沢山使われている野菜や、食品添加物が使用されている食べ物は要注意です。
インスタント食品、スナック菓子などのいわゆるジャンクフードは、極力避けるべきです。

4. 香辛料
カレーや唐辛子などの辛い食べ物も、胃腸に負担がかかります。
また、これらは体内で熱が生じるため、皮膚の痒みを悪化させる原因となりますので、
避けた方が良さそうです。

5. コーヒー
コーヒーに含まれるカフェインが、アトピーを悪化させると言われています。
また、コーヒーは体を冷やす飲み物であり、更に善玉菌を破壊してしまうので良くありません。

6. 体を冷やす食べ物
冷たい食べ物や飲み物、南国産の果物など体を冷やす食べ物も、アトピー悪化の原因となります。
体の冷えは万病のもとですが、これらの体を冷やす食べ物を一切食べてはいけないという訳ではなく、
体を温める食べ物とのバランスが大切です。

 

以上、代表的なものを挙げましたが、そうは言っても暑い夏にはビールやアイスを食べたいし、
たまには脂っこい天ぷらやトンカツだって食べたい
カップラーメンが無性に食べたくなることだってあるはずです(^^;

これらの食べ物を完全に除去することは、恐らく難しいと思いますし、
食べたいのに食べられないというストレスにもつながります。
ただ、こうして見てみると、上に挙げた食べ物は、
そのほとんどがアトピーに限らず体にあまり良い印象がありません。
健康維持のためにも、毎日の食生活を見直し,
胃腸に負担をかけるような食べ物を減らすよう意識した方が良さそうですね。

 

 

関連ページ

保湿をしても改善されない人必見!

せっかく保湿をしても、お肌の潤いキープ力が低下したままでは意味がありません!
失ってしまったお肌のバリア機能を向上させて、 お肌本来の潤いを保持する力を強化することが先決です!

娘の乾燥肌と甥っ子のアトピーに手放せないのがコレ!
↓↓↓↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサードリンク